民際センター アジアの子どもたちへの教育支援活動

【募金期間:2011/04/15〜2050/03/31】

主催:株式会社Tポイント・ジャパン 
募金先団体:一般財団法人 民際センター

世界には経済的な理由から教育を受けられない子どもたちがたくさんいます。例えば、ラオスやカンボジアでは、およそ3人に1人が1日1ドル弱で生活しています。同様に3人に1人が小学校を卒業できません。そのような子どもたちに、教育のチャンスを、夢を実現するチャンスを与えたい。教育とは、子どもたちが未来に向けてしっかり歩むための投資ではないでしょうか。 子どもたちの夢の実現と、家族や村が自立して暮らせるためのお手伝い。それが、私たち民際センターの考える支援のかたちです。

今までの寄付総額今までの募金総額 今までの寄付件数今までの寄付件数
416,019ポイント 7,967
今までの寄付総額
今までの寄付件数
7,967
募金する

※Tポイント募金に参加するにはTサイトのログインが必要です。
また、ログイン済でも確認のためパスワードの再入力が必要です。

この募金で集まったTポイントは、1ポイント1円に換算され、各団体に寄付されます。
支援状況ご報告

2011/10/24〜2011/12/26に実施いたしました、タイ洪水緊急支援募金につきまして、募金先団体である一般財団法人 民際センターより、中間報告がございましたのでご支援いただきましたT会員のみなさまにお礼を申し上げるとともに、ここにご報告いたします。

-----民際センター最終報告-----
このたびは、洪水被害に遭った中学校へ緊急支援のご寄付をいただき、ありがとうございました。ご寄付をしていただいた方の数は約6,300人。寄付額は個人・団体で1,717,906円、Tポイント募金で1,089,803円、合計2,807,709円でした。
「中間報告」でご報告しましたが、特に被害の甚大な以下の5つの中学校および洪水被害の大きかった複数の小中併設校に皆様のご寄付を使わせていただきました。
バーンクラサン校はまだ補修作業が終了しておりませんが、ひとまず以下のとおりに最終報告をさせていただきます。支援を受けた中学校は学校の機能が回復し、生徒たちは皆様の支援に感謝しつつ勉学に励んでおります。これも皆様の支援のお蔭です。

【支援を受けた中学校】
バーンクッドホーリン校(チャイヤプーム県):理科室の補修
バーンノアンノイペーンチントン校(チャイヤプーム県):図書室・コンピュータ室、図書・コンピュータの購入など
バーンクラサン校(ブリーラム県)→図書室の建設(工事中)
ノーンブアチャイワイ校(シーサケット県)→図書室の修理、図書・本棚などの購入
ノーンナセーンウィッタヤ校(チャイヤプーム県)→図書室の修理、図書・本棚などの購入
洪水被害の大きかった20の小中併設校(アユタヤなど)→図書を提供

支援を受けた中学校の学校機能が回復した模様を一部ご紹介いたします。

【バーンノアンノイペーンチントン校(全校生徒233名)】
同校は低地にあるため、毎年のように洪水の被害を受けていました。
しかし昨年は、これまでになく大きな浸水被害を受け、1階の図書室とコンピュータ室の被害が特に大きかったです。そこで、図書室とコンピュータ室の修理、図書やコンピュータ及び関連機器などを購入しました。

【ノーンブアチャイワイ校(全校生徒195名)】
今回の洪水で1階にある図書室の被害が最も大きかったです。
置いてあった本やCDをはじめ、本棚やキャビネット、机、椅子などが使用不可能となりました。そこで図書室の機能回復を図ることを最優先に、本やCDを揃え、本棚やキャビネットなどを購入しました。また、図書室の電気配線などの修理も行ないました。

-----民際センター中間報告-----
このたびは、洪水被害に遭った中学校へ緊急支援のご寄付をいただき、ありがとうございました。
ご寄付をしていただいた方の数は約6,300人。寄付額は個人・団体で1,717,906円、Tポイント募金で1,089,803円、合計2,807,709円でした。

民際センターはタイ事務局に依頼して、日頃、教育支援を行なっているタイ東北地方の中でも、特に被害の甚大な以下の5つの中学校を中心に皆様のご寄付を使うことに決定しましたので、ご報告いたします。
ご寄付は1月末に各学校に送金され、支援内容に記載されている修理や備品の購入を開始する予定です。

【寄付を提供する中学校】
バーンクラサン校(ブリーラム県):図書館の修理、床、本棚、机や椅子の購入
バーンクッドホーリン校(チャイヤプーム県):理科室、図書館、運動室、保健室の修理、
バーンノアンノイペーンチントン校(チャイヤプーム県):図書、本棚、机、椅子、コンピュータの購入
ノーンブアチャイワイ校(シーサケット県):校舎の修理、机、椅子の購入、図書室の戸と窓の入れ替え、図書・本棚の購入など
ノーンナセーンウィッタヤ校(チャイヤプーム県)図書室の床タイルの購入、図書室の机、本棚・図書の購入

募金団体について

一般財団法人 民際センターは、経済的貧困のため基礎教育すら終了できないラオス・カンボジア・タイの子どもたちの教育支援を行うNGOで、教育を受けて自立し、地域発展に貢献できるような人材の育成を目的に、上記3国の子どもたちに「ダルニー奨学金」を提供しています。
ダルニー奨学金以外にも、教育環境の改善・整備を目的に、校舎建設、保健衛生、教師養成などさまざまな支援活動を実施しています。
1987年にタイ奨学金事業をスタート以来、多くの方々のご支援を受け、現在までに延べ35万人の子どもたちが奨学金を受給しました。
■民際センターの活動についてはホームページからご確認ください。

募金の用途

集まった募金は、民際センター タイ事務局(EDF-Thai)を通じ、被災地の学校へお贈りいたします。
■募金用途の詳細についてはホームページからご確認ください。

ご注意事項

皆様からのご寄付は、個人からではなく、Tポイント募金としてまとめていただきますので、領収書の発行並びに税金控除の対象とはなりません。ご了承ください。

お問い合わせ

「Tポイント募金」に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

ページTOPへ戻る

ご案内

【重要】T会員規約改訂のお知らせ

Tカード プラス

 

 パスワード管理にご注意ください

 Tポイントをご利用のお客さまへ

 Tポイントでできる被災地支援

  • Tポイント公式ページ
  • Twitter T-POINT
  • mixi公式ページ
  • google+公式ページ