南スーダン・マブイ小学校 学校給食支援

【募金期間:2015/09/07〜2050/03/31】

主催:株式会社Tポイント・ジャパン 
募金先団体:一般財団法人 日本国際飢餓対策機構

南スーダンは2011年7月にアフリカ54番目の国家として独立しました。しかし現実は北のスーダンとの戦争、内部の権力争いで50年以上に渡って平和な年が1年たりともない日々が続いています。 首都ジュバから約400km北西に位置するルンベックという町にあるマブイ学校では、現在530人が学んでいます。学校の先生は「この子たちは戦争の中に生まれ育ち、死んでいくのです。平和な日々とは何かを知らずに・・・」と語っています。 日本国際飢餓対策機構は、南スーダンの未来を担う子どもたちが基本的人権である食べるものが与えられ、安心して学校に行き将来に夢と希望を抱いて生きることができるように、子どもたちのための給食支援プログラムを行っています。 学校で学び、お母さんたちの作る給食を食べられる時間は、子どもたちにとって本当に幸せなひとときです。

今までの寄付総額今までの募金総額 今までの寄付件数今までの寄付件数
497,891ポイント 4,935
今までの寄付総額
今までの寄付件数
4,935
募金する

※Tポイント募金に参加するにはTサイトのログインが必要です。
また、ログイン済でも確認のためパスワードの再入力が必要です。

この募金で集まったTポイントは、1ポイント1円に換算され、各団体に寄付されます。

募金団体について

日本国際飢餓対策機構は、非営利の民間海外協力団体(NGO)です。1982年に誕生して以来、世界の貧困・飢餓問題の解決のために、自立開発協力、教育支援、緊急援助、人財育成、海外スタッフ派遣、飢餓啓発などに活動を広げてきました。
アジア、アフリカ、中南米の開発途上国で、現地パートナーと協力しあって、「こころとからだの飢餓」をなくす活動を展開しています。特に飢餓状況の深刻なアフリカに焦点をあて、ハンガーゼロ(飢餓撲滅)運動を展開。世界中のすべての人が十分に食べることができる世界を目指しています。

募金の用途

南スーダン、ルンベックにあるマブイ学校に通う子どもたちの学校給食支援に役立てられます。給食は学校教育にとって欠かせません。給食がなければ、食べる物を捜しにでかけなければならないために午後の授業はできなくなります。多くの子どもにとってこの学校給食が1日のうちで唯一の食事になっているのです。学校で働くスタッフは「日本の人々に南スーダンの厳しさを知ってほしい。そして子どもたちが『平和』を味わうことができるように日本の皆さんの手を貸してほしい」と訴えています。
あなたの愛のご支援が子どもたちの将来を、そして南スーダンの未来を変えます。是非ご協力ください。
マブイ小学校の現実は活動報告ページよりご覧いください。

ご注意事項

みなさまからのご寄付は、個人からではなく、Tポイント募金としてまとめていただきますので、領収書の発行並びに税金控除の対象とはなりません。ご了承ください。

お問い合わせ

「Tポイント募金」に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

一般財団法人 日本国際飢餓対策機構に関するお問い合わせは
日本国際飢餓対策機構 大阪事務所
072-920-2225
general@jifh.org
までご連絡ください。

ページTOPへ戻る

ご案内

【重要】T会員規約改訂のお知らせ

Tカード プラス

 

 パスワード管理にご注意ください

 Tポイントをご利用のお客さまへ

 Tポイントでできる被災地支援

  • Tポイント公式ページ
  • Twitter T-POINT
  • mixi公式ページ
  • google+公式ページ