017

Host Story

親子の見事なチームワークで
信望の厚い人気リスティングに。

京都府
Joeさん(男性/会社員)、
Keikoさん(女性/主婦)

2016年10月11日取材

今回のリスティングは、京都市北区にある、にぎやかな中心部より静かにゆったり過ごしたいというゲストにぴったりの一軒家。ホストとして登録をし、ゲストとのメッセージのやり取りをしているのは、東京にいる息子のJoeさん。当日のゲスト対応やクリーニングなどは、お母さんのKeikoさんが担当している。住む場所が違っても役割分担がしっかりできているので、ゲストから高評価のレビューが多く、スーパーホストにもなっている。

始めたきっかけは、Joeさんが学生時代に行ったニューヨークで初めてAirbnb(エアビーアンドビー)を使ったこと。色々な人と仲良くなれて、これはいいサービスだなと思ったそう。「ちょうど自宅から徒歩1分のところにある祖父母の家が空いていて、たまに母親の知り合いを泊めたり、貸したりしていました。これをもっと広げるという意味で、Airbnb(エアビーアンドビー)を始めてみない?と母親に相談してみたところ、やってみようということに。母親は人と関わることは好きなのですが、英語があまり得意ではないので、僕がメッセージのやり取りをすることになりました」。

予約が入ると、Joeさんから連絡をもらうKeikoさん。「Airbnb(エアビーアンドビー)を始めてから、息子と喧嘩ができなくなりましたね(笑)。予約してもらったからにはそれに応えたいし、喜んでもらえることが幸せです。タイミングが合うゲストとは夕食を一緒に食べることもあるし、仲良くなったゲストの家に遊びにロンドンやミュンヘンにも行きました」。

母親が楽しんでいる姿がうれしいというJoeさんと、息子の友達が遊びに来ている感覚でゲストをもてなしているというKeikoさん。リピーターやゲストの紹介で来る人も多いそうだが、目に見えない親子の絆が、ゲストを心地いい安心感で包んでいるに違いない。

ゲストには無料で自転車を貸し出しているKeikoさん

長期滞在のゲストとは夕食を一緒に食べたり、朝のコーヒータイムを共にすることも。観光スポットのルートや、おすすめのランチスポットを教えてあげたりしているそう。

築100年の一軒屋をリノベーションした歴史と風格のある家

築100年の一軒屋をリノベーションした歴史と風格のある家。石の階段を登りながら庭園がのぞける和の風情が素敵。この場所で記念撮影をするゲストも多いそう。Keikoさんとゲストのイギリス人のマークさん。

たくさんの陽が差し込む明るく開放的なリスティング

たくさんの陽が差し込む明るく開放的なリスティング。窓際の床を上げるための階段がベンチ代わりになるのもいい。かつては親戚がお茶会をしていたそうで、まるで茶室のような居心地の良さ。

ゲストの女性アーティストが描いてくれたKeikoさんの肖像画

ゲストとして3回も泊まってくれた、インドネシアの女性アーティストが描いてくれたKeikoさんの肖像画。大阪で個展を開いたときには、この絵を代表作として展示してくれたそう。

昼間は裁縫をしていることが多いというKeikoさん

昼間は裁縫をしていることが多いというKeikoさん。今つくっているのはご自身のワンピース。子供服を頼まれてつくることも多いそう。ヨーロッパの生地が買える大阪のお店に通っているとか。

Airbnbのモバイル版アプリを使ってお母さんに連絡をするJoeさん

Airbnb(エアビーアンドビー)のモバイル版アプリを使ってお母さんに連絡をするJoeさん。予約が決まった人には、Joeさんがつくった京都駅からのバスの乗り方の動画をアプリ内のチャットで送っているそう。

Joeさん&Keikoさんのおすすめスポット

  • 大徳寺

    大徳寺

    京都紫野にある禅宗の大寺院。境内は広く、勅使門、三門、仏殿、法堂などの建物の他、塔頭と呼ばれる小さなお寺がたくさんある。「シーズン外は参拝者もそれほど多くないので、境内に凜とした雰囲気が漂っているのが素敵です。ゲストも自転車で行かれることが多いですね」。

  • 五

    大徳寺の門前に静かに佇む紫野和久傳 大徳寺店の2階にある蕎麦と料理とお酒のお店。打ち立ての蕎麦と酒肴と季節のお酒を用意している。1階ではお弁当や和煮を始めとする各種おもたせを取り扱っている。「ゲストにランチのおすすめを聞かれたら必ず紹介します。締めの蕎麦湯まで本当においしい!」。

    住所:京都府京都市北区紫野雲林院町28
    TEL:075-494-0500

  • 船岡温泉

    船岡温泉

    文化庁の登録有形文化財にも指定された由緒ある唐破風造の公衆浴場。内装のレトロなマジョリカタイルや、脱衣場の天井に彫られた鞍馬天狗や牛若丸など見応えたっぷり。「気に入って毎日のように行くゲストも。大浴場、くすり風呂、泡風呂、ジェットバス、電気風呂、露天風呂などお風呂の種類も豊富です」。

    住所:京都府京都市北区紫野南船岡町82
    TEL:075-441-3735

Joeさん&Keikoさんへ質問

  • ホストをはじめたきっかけは何ですか?

    ニューヨークで安い宿を探していたときにAirbnb(エアビーアンドビー)のことを知り、使ってみることに。1部屋に2段ベッドが6つもあるドミトリーみたいなところに1週間泊まったのですが、自分と同じような安さ重視の学生が多く、みんなと仲良くなりました。ちょうど祖父母の家が空いていたので、母親を誘ってみたのがきっかけです(Joeさん)。

  • 印象的だったゲストは?

    英語も日本語も話せない中国人の夫婦。とにかくとってもパワフルで、言葉が通じなくても、それを超えるコミュニケーションを実現していました。振袖を着て清水寺で写真を撮るなど、京都でやりたいことは全部やって帰っていったので立派だなぁと思いましたね。振袖はネットで買っていたものの草履がなかったので、近所の娘さんがいるお宅に借りにいきました(Keikoさん)。

  • ホストをはじめて変化はありましたか?

    写真を撮られるのが苦手でしたが、ゲストと一緒に撮る機会も多いので写真慣れしてきました(笑)。英語はまだまだですが、徐々に話せるようになってきましたよ。リピーターの人に、前回より英語が話せるようになってると言われるとうれしいです(Keikoさん)。

  • これからホストになる方へのメッセージをお願いします。

    最低限のおもてなしと清潔感があれば大丈夫だと思います。気張りすぎると疲れてしまうので、無理せずリラックスした気持ちでゲストを迎え入れてほしいです(Keikoさん)。

  • この記事は住宅宿泊事業法施行前の2018年6月14日以前の記事となります。
    法令がどのように適用されるかについては、個別に法律の専門家や最寄りの地方自治体の窓口等にご相談頂きますようお願いします。

その他のストーリー