すべての遺児に教育の機会と心のケアを

【募金期間:2012/10/22〜2050/03/31】

主催:株式会社Tポイント・ジャパン 
募金先団体:あしなが育英会

新型コロナウイルス感染症拡大による休業やシフトの減少、雇止めなどの影響で、遺児家庭はいつも以上に厳しい経済状況に置かれています。 病気や災害、自死(自殺)などが原因で親を亡くした子どもたち。親が障がいで働けない家庭の子どもたち。彼ら、彼女らの家庭の平均月収は一般世帯平均の半分以下しかありません。 2020年に奨学生および保護者を対象に実施した調査には、「1日1食で耐えています」「最後に頼るものは私の生命保険です」などの悲痛な声が寄せられました。こうした遺児家庭の窮状を受け、あしなが育英会は全奨学生に対し、2度の緊急支援金の給付を行いました。 一人でも多くの遺児たちの進学のチャンスを絶やさず、支援を続けていくために、皆様のお力をお貸しください。

今までの寄付総額今までの募金総額 今までの寄付件数今までの寄付件数
3,451,020ポイント 22,995
今までの寄付総額
今までの寄付件数
22,995
募金する

※Tポイント募金に参加するにはTサイトのログインが必要です。
また、ログイン済でも確認のためパスワードの再入力が必要です。

この募金で集まったTポイントは、1ポイント1円に換算され、各団体に寄付されます。

募金団体について

あしなが育英会は病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が障がいで働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。主に奨学金支援、遺児学生寮の運営、心のケア(グリーフケア)を行っています。
あしなが育英会の活動はすべて皆様からのご寄付で運営しており、国からの補助金・助成金は一切受けておりません。ご寄付の9割以上は個人の方からです。
あしなが育英会のホームページはこちら

募金の用途

皆様からのご寄付は、あしなが育英会の活動全般に使わせていただきます。
■国内遺児の教育支援
「返済不要の給付型」+「無利子の貸与型」を組み合わせた奨学金を出しています。1988年4月以降30年以上にわたり、およそ5万人に500億円以上の奨学金を交付しました。
■国内遺児の心のケア事業
レインボーハウスは、親というかけがえのない存在を亡くした子どもたちの「あのね」を受け止め、交流し、自分らしくいられる安心・安全な居場所です。阪神淡路大震災をきっかけに設立され、現在では神戸・東京・東北に拠点があります。東北のレインボーハウスでは東日本大震災で親を亡くした子どもたちを対象にした支援を10年間継続して行っています。
■アフリカ遺児の教育支援事業
サブサハラ(サハラ砂漠以南)49か国から毎年一人ずつ優秀な遺児を世界の大学に留学させ、次世代のリーダーを育成する「アフリカ遺児高等教育支援100年構想」に取り組んでいます。

ご注意事項

みなさまからのご寄付は、個人からではなく、Tポイント募金としてまとめていただきます。領収書の発行並びに税金控除の対象とはなりません。ご了承ください。

お問い合わせ

「Tポイント募金」に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

「あしなが育英会」に関するお問い合わせは、あしなが育英会 寄付課までご連絡ください。
フリーダイヤル:0120-916-602(平日10:00〜16:00)
メール:supporter@ashinaga.org

ページTOPへ戻る