WWF生物の多様性を守る募金

【募金期間:2010/03/15〜2050/03/31】

主催:株式会社Tポイント・ジャパン 
募金先団体:WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)

人と自然が調和して生きられる未来を築くため、森や海などの自然と生物多様性を保全すること、森林資源や水産資源といった自然資源の利用を持続可能なものにすること、地球温暖化を防ぐ活動や、野生生物を守る活動のために募金されます。

今までの寄付総額今までの募金総額 今までの寄付件数今までの寄付件数
2,852,695ポイント 45,902
今までの寄付総額
今までの寄付件数
45,902
募金する

※Tポイント募金に参加するにはTサイトのログインが必要です。
また、ログイン済でも確認のためパスワードの再入力が必要です。

この募金で集まったTポイントは、1ポイント1円に換算され、各団体に寄付されます。

募金先団体について

WWFは100カ国以上で活動している環境保全団体で、1961年にスイスで設立されました。人と自然が調和して生きられる未来をめざして、サステナブルな社会の実現を推し進めています。急激に失われつつある生物多様性の豊かさの回復と、地球温暖化防止のための脱炭素社会の実現に向けて、希少な野生生物の保全や、持続可能な生産と消費の促進を行なっています。活動はすべてサポーターの皆さまに支えられています。ぜひWWFをご支援ください。

募金の用途

募金は「急激に失われつつある生物多様性の豊かさの回復」と「地球温暖化防止のための脱炭素社会の実現」を2つの柱とする、次のような活動に使われます。

■地球温暖化を防ぐ
温暖化の影響を最小限にとどめるために、WWFは専門家集団としてさまざまな影響調査報告や温暖化対策を発表するとともに、世界的なネットワークを活かして各国政府や産業界に働きかけています。

■持続可能(サステナブル)な社会を創る
いつまでも安心して魚が食べられる、木材が使える、そんな暮らしにするために、WWFは自然資源を枯渇させることなく利用し続けられるような社会の仕組みづくりに取り組んでいます。

■野生生物を守る
密猟や生息地の破壊などによって追い詰められていく生物を絶滅から救うために、WWFは長い経験と国際的なネットワークを活かし、さまざまな保護プロジェクトを行っています。

■森や海を守る
生物が生きてゆくためには、自然環境そのものを守らなければなりません。WWFは世界中で優先的に保護すべき生態系を科学的に見極め、その保全のために様々な活動を展開しています。

WWFジャパンのホームページ(日本語)
WWFインターナショナルのホームページ(英語)

ご注意事項

皆さまからのご支援は、すべて特定の個人からではなく、まとめて『Tポイント募金』として頂戴いたしますので、税制上の寄付金控除の対象とはなりません。WWFからの領収書は発行されませんので、ご了承ください。

お問い合わせ

「Tポイント募金」に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

「WWF生物の多様性を守る募金」に関するお問い合せは、
  財団法人 世界自然保護基金ジャパン 03-3769-1714 (平日10:00−17:30)

ページTOPへ戻る