Tマネーオートチャージサービス利用規約


カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
株式会社Tマネー
2017年3月28日 制定

第1条(目的)

  1. 本規約は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」といいます)が別途定めるT会員規約に基づくT会員のうち、別途株式会社Tマネー(以下「TM」といいます)が定めるTマネーサービス利用規約に基づきTマネーを利用するTマネー利用者が、TMの提供するオートチャージ(第2条第3項において定義します)を利用するにあたり適用されます。
  2. オートチャージの利用に際しては、T会員規約、Tマネーサービス利用規約及びTサイト[Tポイント/Tカード]サービス利用規約、モバイルTカード利用規約等が適用されます。本規約に定めのない場合、これらの規約の条項が適用されます。
  3. 本規約で用いる用語は、特に定めのない限り、T会員規約またはTマネーサービス利用規約の用語と同一の意味を有するものとします。

第2条(定義)

  1. 本規約において「対象クレジットカード」とはCCCが運営するウェブサイト(http://tsite.jp)(以下「Tサイト」という)で定めるオートチャージで利用可能なクレジットカードをいいます。
  2. 本規約において「クレジットチャージ」とは、クレジット決済によりTマネーをチャージすることをいいます。
  3. 本規約において「オートチャージ」とは、Tマネー利用者があらかじめ設定したTマネー残高未満の金額(以下「実行判定額」といいます)となったときに、対象クレジットカードより、あらかじめTマネー利用者が設定した金額(以下「入金実行額」といいます)が自動的にクレジットチャージされることをいいます。
  4. 本規約において「オートチャージ利用者」とはオートチャージを利用するTマネー利用者をいいます。

第3条(利用方法)

  1. オートチャージを希望されるTマネー利用者は、Tサイトより所定の方法にてお申し込みください。
  2. オートチャージ利用者は、実行判定額および入金実行額の新規設定および変更を行う場合には、Tサイトより行うこととします。
  3. 実行判定額と入金実行額の合計額がTマネー利用可能残高の上限金額を超えることはできません。実行判定額はおよび入金実行額は所定の方法・単位で設定するものといたします。
  4. オートチャージ実施時、対象クレジットカードによるクレジットチャージにおける売上票への署名は省略します。
  5. オートチャージの登録が完了してもチャージまでお時間が掛かる場合がございます。
  6. オートチャージに設定した対象クレジットカードのお支払い方法は、ショッピングの1回払いとします。ただし、登録したクレジットカードに支払い区分が定められている場合はその限りではありません。
  7. いかなる場合にも、一旦実施されたオートチャージによるクレジットチャージの取り消しおよび返金はできないものとします。
  8. オートチャージを実施することにより対象クレジットカードの利用限度額を超える場合、オートチャージは実施されません。
  9. 対象クレジットカードの利用状況により、オートチャージの利用を制限させていただく場合がございます。
  10. 対象クレジットカードの利用状況または、システムの障害等が起因でオートチャージが利用できない場合、CCCおよびTMにて、オートチャージ設定を解除する場合がございます。
  11. クレジットチャージでのクレジット決済に対するポイントは付与されません。
  12. T会員ネットサービスに登録中のTカード番号が無効になった場合もしくはオートチャージ利用者によって登録中のTカード番号の変更手続きを実施された場合には、オートチャージ設定は自動で解除されます。
  13. オートチャージ利用者においてT会員ネットサービスの登録解除を実施した場合には、オートチャージ設定は自動で解除されます。
  14. オートチャージ利用者は、オートチャージの利用中止または停止を希望する場合、Tサイトで定めるCCC所定の方法に従い、オートチャージ解除の申込みをするものとします。
  15. オートチャージ解除のお申込み後、対象クレジットカード設定の解除が反映されるまでに時間がかかる場合がございます。

第4条(電子メールによるお知らせ)

オートチャージ利用者は、T会員ネットサービス上に登録しているメールアドレスに、以下の電子メールを受け取ることを予め承諾するものとします。
(1)オートチャージの新規登録、対象クレジットカードの変更、オートチャージ設定の解除を行った場合の通知
(2)オートチャージ設定が第3条9項に定める理由で解除された場合の通知

第5条(盗難紛失)

  1. Tカード(モバイルTカードを含みます。以下において同じです。)を紛失盗難された場合は、すみやかにT会員規約にて定めるCCC所定の方法でお申し出ください。また、対象クレジットカードを紛失盗難された場合は、オートチャージの設定解除をTサイト上でお申し出下さい。
  2. Tカードの紛失盗難等の申し出があった場合、CCCおよびTMはオートチャージおよび当該Tカードの利用停止措置を行います。お申し出後、利用停止が反映されるまでに当該Tカードが不正に利用され、当該Tカードにて決済、またはオートチャージがされた場合、当該決済およびオートチャージはオートチャージ利用者のご負担及び責任となり、これによりオートチャージ利用者が被った損害については、CCCおよびTMは一切責任を負わないものとします。

第6条(免責事項)

  1. オートチャージに関連して、CCCおよびTMの故意または重過失による場合を除き、オートチャージ利用者の使用若しくは操作上の過誤又は第三者による不正使用等(紛失盗難等による不正な利用を含みますが、これに限られません。)に伴って生じた損害その他いかなる不利益について、CCCおよびTMは一切その責を負わないものとします。
  2. 対象クレジットカードの利用状況もしくはオートチャージに関するシステム等の障害によりオートチャージが実施できないことにより生じたオートチャージ利用者が被る損害その他いかなる不利益について、CCCおよびTMは、故意または重過失による場合を除き、一切その責を負わないものとします。
  3. 対象クレジットカードを発行する各カード会社が管理するシステム等の障害または通信回線の異常その他CCCおよびTMの責によらない事由により、オートチャージに係るサービスの提供ができなかった場合についても、オートチャージ利用者が被る損害その他いかなる不利益につき、CCCおよびTMは一切責任を負わないものとします。
  4. 第9条に関連または起因して生じたオートチャージ利用者が被る損害その他いかなる不利益について、CCCおよびTMは、故意または重過失による場合を除き、一切その責を負わないものとします。

第7条(設定情報の取得)

オートチャージ利用者は、Tオートチャージ利用者であることを管理するための番号・記号その他の符号(以下「設定情報」といいます)をTMが取得し、オートチャージに必要な範囲その他T会員規約、マネーサービス利用規約に従い使用することを、あらかじめ承諾するものとします。

第8条(CCCとTM間で提供される情報)

オートチャージを利用するにあたり、Tマネー利用者は、CCCとTMとの間で以下の情報が提供されることに同意します。
【TMからCCCへ提供される情報】
・有効なT会員であることを識別できる符号
・設定情報

【CCCからTMへ提供される情報】
・有効なT会員であることを識別できる符号
・Tマネーを管理する口座番号
・設定情報
※オートチャージのご利用にあたり、別途T会員規約に基づいて、CCCからTMに対する個人情報の提供を停止されている場合でも、本規約の範囲で、オートチャージ利用者がオートチャージを利用するために必要な情報はTMに提供されます。

第9条(オートチャージの停止)

オートチャージは、次の各号のいずれかの事由が生じた場合には、利用を一時停止させていただくことがあります。
(1) オートチャージに関するシステムに故障が生じた場合またはシステムの保守・管理のためにシステムの全部または一部を休止する場合
(2) オートチャージに関する施設等の停電その他の事由による使用不能の場合
(3) Tカードまたは対象クレジットカードの紛失盗難等によりCCCおよびTMにオートチャージの利用の中止をお申し出いただいた場合
(4) 何らかの理由により、Tカードまたは対象クレジットカードが一時停止となった場合
(5) Tマネーサービスおよび対象クレジットカードの不正利用の疑いが生じた場合
(6) その他CCCおよびTMが必要と判断した場合

第10条(業務委託)

CCCおよびTMは、オートチャージに関する業務の全部または一部を、第三者に対し委託することができるものとします。

第11条(本規約の変更)

CCCおよびTMは、1日以上の予告期間をおいて、Tサイト上において変更後の本規約の内容を周知することにより、いつでも本規約の内容を変更することができるものとし、当該予告期間経過後は、変更後の本規約の内容が適用されるものとします。なお、最新の規約につきましては、Tサイトをご確認下さい。