2018年10月クールドラマ、視聴率で計れない人気とは!?
「番組質」で見える視聴者のドラマファン度!

視聴実態

2018年10月クールドラマ番組質を調査!

一言で「ドラマ」といってもジャンルがたくさんあるように視聴者も各作品によってさまざまだ。
2019年1月からスタートをしたドラマを諸君はチェックしているかな!?

今回は、2018年10月クールドラマの視聴実態を1話〜最終話までの最新データを使って調査したぞ!
視聴率だけでは分からない、ドラマの本当のチカラを明らかにしていくためのキーワードは、ズバリ
「視聴率×継続率=番組“質”」だ!

2018年10月クールドラマ視聴率ランキングトップ10は・・・?

2018年10月ドラマを視聴率×継続率で比較!

縦軸が全話平均視聴率、横軸が次話への平均継続率を表しているぞ。

視聴率トップ10
1位   下町ロケット/TBS
2位   獣になれない私たち/日本テレビ
3位   今日から俺は!!/日本テレビ
4位   大恋愛/TBS
5位   SUITS スーツ/フジテレビ
6位   リーガルV 〜元弁護士 小鳥遊翔子〜/テレビ朝日
7位   中学聖日記/TBS
8位   僕らは奇跡でできている/フジテレビ
9位   ドロ刑 ‐警視庁捜査三課‐/日本テレビ
10位  黄昏流星群/フジテレビ

巷で話題になっていた番組は視聴率も継続率も高く、グラフでは右上のポジションになっていることがわかる。
視聴率が高ければ、自ずとみんなが続けて視聴するからこういった傾向になるのだな。

しかししかーし!2018年10月クールの番組は、視聴率は話題にならずとも、継続率において素晴らしい結果を残した作品があったようだぞ。
それでは、継続率視点でみたトップ10を見ていこう。

視聴率だけでは計れない質の高いドラマはこれだ!

2018年10月ドラマを視聴率×継続率で比較!


継続率トップ10 ※( )内は視聴率トップ10の順位
1位 (1位)下町ロケット/TBS 2位 (4位)大恋愛/TBS 3位 (7位)中学聖日記/TBS 4位 (2位)獣になれない私たち/日本テレビ 5位 (6位)リーガルV 〜元弁護士 小鳥遊翔子〜/テレビ朝日 6位 (10位)黄昏流星群/フジテレビ 7位 (10位以下)ハラスメントゲーム/テレビ東京 8位 (5位)SUITS スーツ/フジテレビ 9位 (8位)僕らは奇跡でできている/フジテレビ 10位(3位)今日から俺は!!/日本テレビ

ほほう!大きく変動したようだな〜。
2018年10月クールドラマは視聴率では捉えられないファンの心をがっちりつかんだ良作が豊富だったようだ!
先ほどの視聴率トップ10には登場していなかった「ハラスメントゲーム/テレビ東京」が継続率ではトップ10にランクインしているぞ。
テレビ東京で“働く”をテーマとしたドラマBiz枠で放送されていた「ハラスメントゲーム/テレビ東京」は、社会人の団員にとっては身近で勉強にもなり、心がスカッとする作品だったな。
視聴率は8%帯であったのに対し継続率が70%を越えるという、視聴率トップ10の番組にも引けをとらない結果となった!同じ視聴率帯の中でも1つだけ飛びぬけていることからも一度観たら続けて観てしまう中毒性が高いドラマだったことが継続率で判明したぞ。
団長も作品中で出てきた「セ・パ両リーグ(※)制覇!」なんて団員に言われないように気を付けるとしよう…。※作中でセクハラ・パワハラを両方することの意で紹介されていたぞ。

また、視聴率トップ10では下位だった「黄昏流星群/フジテレビ」と「中学聖日記/TBS」が継続率では上位に上がってきているところも注目ポイント。どちらも続きが気になる恋愛ものだからなのか…興味深い!

以上、2018年10月クールドラマの番組質結果をお送りした。
視聴率だけでは判断できない良質なドラマがたくさんあったクールだったな。継続率が高いドラマは一度みたらファンになり、離れない視聴者がつくドラマと言える。番組の質が分かるだなんて面白いな〜!

2019年も面白い番組がたくさん生み出されるだろう。今からワクワクするな!
今年も共にTVの謎を調査していこうじゃないか!

探偵ファイル

本記事及び視聴データに関する、企業からのお問い合わせはこちら

個人情報の取扱いについて
本サイトで利用されるデータは、CCCマーケティングが、T会員に関する情報を統計化処理した購買履歴に関する情報等をカルチュア・コンビニエンス・クラブから受け取り、作成されたものです。